整体院 わごいち万病の元「おなかのコリ」をほぐし、一緒に元気な体をつくる整体院

お問い合わせ新規予約

腰痛(椎間板ヘルニア)腰痛(椎間板ヘルニア)

※ 本ページでは、腰痛の原因と改善方法について解説します。また当院で施術事例の多い椎間板ヘルニアについても併せて解説しています。

1.腰痛についての一般常識

症状

  • 腰が張る感じがする。
  • 動くと腰に激痛が走る。
  • じっとしていても腰が痛い。
  • くしゃみや咳をすると腰に響く。

原因

  • 腰や背中の筋肉がこっている。
  • 背骨がゆがんでいる。
  • 骨盤が開いている。
  • 姿勢が悪い。
  • 運動不足。

2.ここが盲点

腰痛の真の原因は
背骨のズレにあり?

 カイロプラクティックや整体では、「腰痛の原因は背骨や骨盤のズレにある」と考え、骨格矯正を行うことで痛みの軽減・除去を図ります。実際に腰痛患者のレントゲンを見ると背骨にズレがあることもあり、この施術は一定の効果を期待できます。

 しかしその一方、背骨のズレの矯正で痛みを軽減しても、日が経つとまた痛みが再発するため、数日おきに施術を繰り返す必要があることもあります。客観的に考えてこれでは「腰痛が完治」している状態からは遠いと言わざるを得ません。「痛みが軽減もしくは消失し、かつ再発しない」このような腰痛対策を実現したいものです。


姿勢が悪いから
腰痛になる?

 例えば、それまで腰痛経験の無い人が、スポーツで腰をひねった・・・というような一時的な腰痛であれば、姿勢はひとまず考えなくてもよいでしょうが、慢性的に腰痛に苦しむ人は姿勢の悪さを疑うべきです。

 猫背ではないか、腰が反っていないか、O脚ではないか、X脚ではないか、一口に姿勢といっても色々な要因があり、単純に「腰を伸ばせばよい」というものでもありません。腰の表面筋に負荷をかけすぎず、お腹の奥の方で支える姿勢を作っていくことができれば慢性腰痛のリスクは軽減するのですが、姿勢は取り組み甲斐のある深いテーマです。


椎間板ヘルニアは
完治するか?

 椎間板ヘルニアの治療としては、神経ブロック注射やヘルニア除去手術などがありますが、どちらにせよ効果にばらつきがあり、また再発の可能性も残ます。つまり「完治」とは言い難いのが現実です。椎間板ヘルニアに悩む人は日常生活も不便で、痛みや下半身の痺れに悩まされて暮らします。「腰が痛いと動くことはおろか、立っていることも、時には寝ていることさえつらく、何もできない」とひどい腰痛経験者は口を揃えて言います。

 「椎間板ヘルニアを手術なしで完治させることができるか。」その答えはイエスです。この椎間板ヘルニア克服のカギは実は意外なところにある、そのカギをみつけられるかどうかが運命の分かれ道です。

 実は、椎間板ヘルニアの原因は、椎間板にも椎骨(背骨)にもありません。椎間板がはみ出ているのは事実ですが、それと椎間板が原因であるというのはイコールではないのです。椎間板が自らヘルニアになっているのではなく、「なんらかの外的要因」によって押され、ヘルニアにならざるを得なくなっているのです。「このなんらかの外的要因」こそが椎間板ヘルニアの真の原因であり、椎間板ヘルニアを完全に収束させるカギとなります。


マル秘体験談 「実は私も・・・・」

 実は大きな声で言えませんが、私も椎間板ヘルニアに悩んでいた時期があります。サラリーマンをしていた26歳ごろから腰痛になり始め、徐々にデスクワークに支障をきたすようになっていきました。

 28歳で脱サラし整体学校に通い始めた中で、そのカイロプラクティックの練習で生徒同士が腰をバキボキと矯正(破壊?)し合ったことがとどめとなり、慢性腰痛からぎっくり腰を頻発するようになりました。

 繁華街を歩いている最中にぎっくり腰におそわれ、人ごみの中で”くの字”で固まったまま10分くらい立往生したり、自転車に乗っているときにぎっくり腰になり、道路上で自転車にまたがったまま10分程動けなくなって冷や汗をかいたりと、いつ現れるかわからないギックリの恐怖におびえる日々でした。

 もちろん病院で診てもらったら椎間板ヘルニア。整体学校の授業で背骨を整えているのに、時には先生にも矯正してもらっているのに悪化していく状況に、「この先この腰痛はどうなるんだろう。。。」と不安が募る毎日でした。

 その後、整体学校を卒業し、整体師となって開業してからも腰痛は悪化の一途をたどります。お客さんにばれないように痛みをごまかしごまかし施術する毎日。ランダムに、しかし確実に悪化の一途をたどりながら襲いかかるぎっくり腰。仕事上がりに身動きが取れずに出張整体を読んだことがあります。整体院が出張整体を呼ぶ・・・とんだ笑い話ですよ。

 こういう事情で散々に腰痛の研究をしました。はじめは姿勢の改善から呼吸の練習。そして運動に食事療法。「何が真の原因なのか」を問い続けたのです。

 研究の甲斐あり、今はもう腰痛は皆無です。飛んでも跳ねても重い荷物を持っても腰はまったく痛みません。歳は20もとったのにね。

 腰痛の原因は人それぞれ様々です。背骨が歪んでいる人、骨盤が開いている人、腰回りの筋肉が硬い人、猫背な人、疲労がたまっている人などなど。しかしどの人にも共通して言えるのが、腰痛の原因が腰だけにある訳ではないということ。

 腰痛だからと言って背骨をバキボキと矯正したり腰の筋肉を揉むだけでは、決して良くならないのが慢性腰痛です。一時的に楽になっても必ずまた痛みや張りが出てくるのです。それは腰痛の原因を腰だけに求めるから、そういう結果になるのは当然のことです。

 お恥ずかしいことに自分の愚かな過去を通して、私は腰痛の真実を事を知りました。それは腰とお腹は文字通り表裏一体であるということです。お腹と腰は繋がっている。一つの物である。だから腰だけじゃなくお腹も一緒に見て行くことで初めて、慢性腰痛や椎間板ヘルニアと永遠にサヨナラできる。この事実と共に腰痛の完全治癒の方法を見つけることが出来ました。

 「もういい加減に腰痛に悩まないで暮らしたい!」と真剣にお考えの方は、腰痛経験が豊富な院長が居るわごいちまでどうぞいらしてください。(三宅弘晃)

3.わごいちの考え

 整体院わごいちの実績からひもとく、腰痛の原因は主に以下の3つです。

1. 体の重心のずれ

 現代人の多くは「腰で立つ」姿勢です。腰に上半身の体重を乗せて立っているのです。腰だけではなくお腹にも体重を乗せ、お腹と腰でバランスよく体重を受け止める立ち方、歩き方を身に着ける。少し難しいですがこれはとても大切なことです。

2. 体重と体質

 やはり肥満は腰痛の大敵です。しかし体重だけではなく、腹部のガスの多さ、血流の悪さ、筋肉の硬さなども大きく影響します。

3. 内臓の肥大・腫れ・癒着

 腰痛にとって最も決定的な要因は実は内臓です。下腹部のあらゆる内臓が腰痛の真の原因となりえます。どの内臓が原因となるかは人それぞれですが、特に肝臓、腎臓、腸などから派生する腰痛は非常に多いものです。

わごいちの考えのまとめ

 腰痛を背中側の不具合と考えてはいないでしょうか。ベットの上でうつ伏せになって治療を受けてはいないでしょうか。この固定観念にとらわれているうちは慢性腰痛や椎間板ヘルニアの完治は見込めません。手術をしても再発の可能性が高いのです。腰痛は背中側とお腹側の両方から見る。体の表面からではなくて、内部から原因を探り処置する。これが唯一の腰痛克服の道です。

4.腰痛の方のためのコース選択アドバイス

 人の体は千差万別ですから一概には言いにくいのですが、標準的なパターンで説明しています。ご参考ください。また通院の中でのコース変更の相談も可能です。

豊穣の整体コース

 殆どの腰痛はこちらのコースで対応できます。

山水の整体コース

 「少しでも早く治したい」と言う方はこちらをどうぞ。

このページのトップへ戻る

            
シェア