整体院 わごいち万病の元「おなかのコリ」をほぐし、一緒に元気な体をつくる整体院

お問い合わせ新規予約

O脚(足の歪み)O脚(足の歪み)

※はじめての方は、「当サイト症例ページの読み方」をまずお読みください。

1.O脚(足の歪み)についての一般常識

症状

  • O脚には足全体が開いている場合と、膝下が特に開いている場合とがある。
  • 膝は開いておらず、太ももとふくらはぎが開いている場合はX脚と呼ぶ。
  • O脚による弊害としては、腰痛、ひざ痛、股関節痛、背骨の歪み、体型のくずれなどがある。
  • O脚が酷くなると「変形性膝関節症」などが進行し、手術が必要になる場合もある。

原因

  • 足の骨がねじれているから。
  • 足の筋肉のバランスが悪いから。
  • 骨盤が歪んでいるから。
  • 足裏が歪んでいるから。
  • 歩き方が悪いから。

対処法

  • 骨盤矯正で、骨盤のゆがみを正す。
  • 背骨の歪みを整える。
  • ヒールや踵の高い靴を履かない。
  • 足全体の筋肉のバランスを整える。
  • O脚矯正のインソールなど靴を変えていく。
  • 両足をぴたりとつけて座る癖をつける。
  • O脚矯正ストレッチをする。

2.ここが疑問!

骨盤が歪むと足も歪む。
だから骨盤矯正をしよう?

 骨盤は股関節を介して足の骨とつながっています。ですから骨盤が歪むと足の骨も歪みます。(歪むと言っても骨自体が曲がるのではなく、向きや角度がおかしくなるという意味です。)体はつながっていますから骨盤と足の骨が相互に影響しあうのは当然のことです。

 ですから足の歪みを直すために、骨盤の歪みも一緒に直していこうというアプローチは、おおよそ理に適っています。

背骨の歪みを整えて
O脚を改善する?

 前述したように体はつながっていますから、つながりをたどって他の部位から整えていくという手法は有効です。その部位だけを一生懸命に整えるのではなく、全体から一部位に向かって調整を集約していくのです。

 ただ、つながりも深いと浅いがあります。先の骨盤ならば足の骨と直結しているところですが、背骨は足の骨からは遠くなります。一概には言えませんが、遠くなればなるほどつながりが浅くなり、施術効果が薄くなるものです。

 決して背骨の調整がO脚に効果がないとは言えませんが、劇的な改善を目指すならば「背骨の矯正は補助的な役割を果たす程度」と考える方が実際的ではないでしょうか。

O脚矯正のインソールなど
足底から改善する?

 O脚やX脚など足がまっすぐな形をしていない人の靴を見ると、まず間違いなく靴底が偏ってすり減っています。これは歩行時に足裏の使い方が狂っているからです。そこで登場するのがインソールなど「強制的に」足の使い方を矯正してくれるグッズです。ものにもよりますが、確かにこれらは一定の効果が期待できるものもあります。

 ただ忘れてはならないのが、これは原因そのものを正すのではなく、末端から強制的に形を整える方法であるということです。原因を解消せず末端から矯正という手法は、時に体の中に新たなねじれを生み問題をややこしくすることがある・・・というリスクも考えておかねばなりません。

毎日のストレッチや
姿勢を正しくに保つことを心がける?

 O脚というのは生活習慣の狂いから生まれてきますから、それを正していく努力は必要であり有効です。ただ、その努力の方向性が間違っているとほとんど効果が出ないというのもこのO脚の一つの特徴です。

ここが疑問!まとめ

 O脚矯正への世間の取り組みには、他の悩みとは少し違う特徴があるように思います。

 それは骨盤矯正であれ、インソール矯正であれ、ストレッチであれ、世間で知られるO脚矯正の多くはそれほど的外れではないということです。どれもがある程度の効果が見込めるという特徴があります。これは意外に珍しいことです。

 思うに、O脚や足の歪みというものは外見的に一目瞭然です。足がどのくらい歪んでいるか、そしてどのくらい改善してきたか、そういう状態把握や効果確認が比較的容易であるために、効果がない対処法が自然に淘汰され効果があるものだけが残っているという現象なのではないかと思います。試す価値のある選択肢がいくつも用意されているわけですね。

 しかしその中でも、「本当に効果のある」対処法というのは、まず目にかかることができません。「本当に効果のある」対処法とは、「本当の(核心的な)原因を解消する」対処法であるはずですが、この革新的な原因がまだまだ知られていないのです。

3.わごいちの考え

 整体院わごいちでの実績からひもとく、O脚(足の歪み)の核心の原因を2つ解説しましょう。

内転筋(内もも筋肉)が働いていない。

 内もも筋とは文字通り内もも全体にある筋肉群で、姿勢を支えたり、歩行や走行の中心的な働きをしたりする筋肉です。人間を含む脊椎動物はこの内もも筋がなければ歩くことはおろか立つことさえできません。とても重要な筋肉です。
ところが足を深くしっかりとまげて使わない現代生活のなかで、この重要な内もも筋が弱ってきています。内もも筋を使わずに外もも筋ばかり使うから、足全体が外に外に引っ張られて足が歪んみ、O脚になるのですね。

 現代人の足全体を見渡せば、(例え膝下O脚の人であったとしても)もっとも核心的に働きが狂っているのはこの内もも筋の機能喪失であり、ここをもう一度働かせるという取り組みは根本解決には必須のものであると断言します。

内臓の下垂からくる骨盤の歪み

 足は足だけで狂うことはあまりありません。足が狂うときは大体においてお腹も狂っているし、その逆もまたあります。O脚の場合もほぼ間違いなく骨盤の歪みが見受けられ、この骨盤をそのままにO脚だけを直そうとしてもなかなかうまくいかないものです。

ではなぜO脚の人は骨盤が歪んでいるのか。その真の原因は内臓下垂にあります。内臓が下垂すると下腹部に臓器が溜まります。下腹ポッコリ状態ですね。下腹部に内臓が溜まり圧力が高くなりすぎるとお腹が苦しくなるので、体は自然に骨盤を開いて下腹部の圧力を逃がそうとします。そしてこの骨盤の開きが足を開かせ、O脚になるのです。

わごいちの考えのまとめ

 有効なO脚改善の方法はいろいろあれど、「内もも」と「内臓」という核心をついた対処法でないと根本的な解決には行き着きません。

4.O脚(足の歪み)の方のためのコース選択アドバイス

 わごいちの整体には決まったパターンというものは存在しません。人の体は千差万別なので、とくにお腹はどんどん変化していくので、触るところも使う手技も様々です。以下のアドバイスもなるべく標準的なパターンで説明しています。また施術を受けながらコース変更の相談も可能です。

豊穣の整体コース

 「O脚だけでなく腹や腰に痛みがある。」「膝痛がある。」という方は豊穣の整体コースをおすすめします。

山水の整体コース

 「足の変形が酷く手術を検討している。」「痛みがきつく歩行にも支障がある 」という人は山水の整体コースを選択ください。

 なおO脚改善には、千照館の取り組みが非常に有効です。興味ある方は施術の際にご相談ください。