整体院 わごいち万病の元「おなかのコリ」をほぐし、一緒に元気な体をつくる整体院

お問い合わせ新規予約

ようこそわごいちへ

院長
 わごいちはお腹から体を、そして心を健やかにしていこうという取り組みを続けています。人はお腹から産まれ、お腹の動きが止まると死にます。人の一生はお腹と共にあり、お腹次第で浮き沈みするものです。             

 ところが人は、案外簡単にお腹のことを忘れ、ぞんざいに扱います。お腹が痛いのに、それほど空腹でもないのに、目の前にご馳走を出されるとつい手が伸び、お腹に押し込んでしまいます。その後胃や腸が悲鳴を上げていようがお構いなしになっている、そんなことはないでしょうか。             

 お腹はあまり文句を言いません。たとえ炎症や癒着で苦しい思いをしていても、食べ物が入ってきたら一生懸命に消化しようとします。老廃物を分解し、血液を常にきれいに保とうとします。そしてその努力を訴えかけるようなことはしません。黙々と日々体の為に働いているのがお腹なのです。             
 私がこれまで触れて来た病んだ体は、すべてお腹に異常がありました。肩こりでも腰痛でも、その目に触れる患部だけではなく、お腹にもまた異常がありました。お腹と言う体内の見えないところでまず異常が発生し、でも人はそれに気づかず暮らし不摂生を重ね、その異常がどんどん膨らんできたときに目や肩や腰といった体表面の異常となって現れる、実は人間の体と言うのはそういう深みをもっているのですね。             
 お腹の中の世界は面白いものです。海外旅行も良いですが、時には体内旅行もなさってはいかがでしょう。目には見えない神秘の世界「お腹」。ご興味があるようでしたらご案内いたします。
            


わごいち院長    
三宅弘晃